忍者ブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
プロフィール
HN:
関戸郷
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
東関戸区の若連に所属する某若週のBLOG. 
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祭礼の3日目、お神輿の写真を撮っているK氏が久しぶりに見え昨年上梓した本を頂きました。本はK氏が蔵前神社の神輿彫刻にほれ込み、此の彫刻師を調査し神輿を制作した神輿屋さんの資料から八王子の山車と見当を付け調査に行き、八王子で多くの山車彫刻を手掛けた佐藤光重の消息を同じく調査していたA氏と出会い一緒に青森まで調べに行き10年掛かりの調査により出版されました。佐藤光重師は佐原の山車彫刻には関係ないと思っていましたが、光重の家系が後藤系の彫刻師であり茨城県龍ヶ崎市の旧地名の北方で活躍し近在には「北方住彫工後藤勘治」、「北方住彫工後藤藤太郎」の刻銘を刻んだ作品が多く見られると言う。A氏が問い合わせした龍ヶ崎市教育委員会の回答により佐藤勘治、佐藤藤太郎の原籍が龍ヶ崎市北方町にあり、二人は親子関係であることが確認された。
後にA氏の知人H氏から佐原長島の水神様向拝の龍の刻銘には「藤太郎藤原一重 門人重四郎」とあり佐藤藤太郎は後藤一重と同一人であると見られ他の資料からも確認されています。南横宿区の山車彫刻は清宮良造氏の調査により「北方住彫工後藤一重」が明治九年から十年掛けて彫刻されたと記録されている。佐藤家の系譜によれば藤太郎は文久元年(1861)~昭和六年没(1931)享年70歳であった。南横宿山車彫刻を始めたのは明治九年(1876)で藤太郎15歳であるが、北沢彫刻師に聞いてみると当時であれば一人前の仕事が出来たのではないかとのこと、父親の後藤勘治も健在(明治32年1899)でしたし。主な作品は我孫子に多くみられ名人であった言う。柴又帝釈天の浄行堂の彫刻を高石仙蔵師と共に手掛けたとも言われている。H氏からは佐原での調査結果を知らせて欲しいと言われています。
子供は、六人で男子は彫刻の道を進み、次男 竹次郎(光重)、三男 明(明誠)四男 清(清山)清山師の子K氏は健在で同じ道を歩んでいる。
記事 中郷
PR
9月20日 木取りした彫刻材を北澤木工所
に持参しました









先日、東京の向島 牛島神社の祭礼において金子光清の作った御輿2基、太鼓山車1台を見学してきました。

向島2.3町会の御輿
龍の柱隠しと蹴込みの亀


題材は大蛇退治と神武東征(金鵄の場面)






両国3丁目の太鼓山車 

こちらは波に千鳥
 やはりうちの波に千鳥に似てますね。
太鼓の台には龍があしらわれてます。
昭和10年制作という事はうちと同年代ですね。





こちらは亀沢2丁目の御輿。




こちらの題材は大蛇退治と岩戸開き。

亀沢町会だから亀? 



どれもさすが金子彫刻という作品でした。
九月になりました。祭礼まであと一ヶ月。
祭礼にむけて準備が始まった事でしょう。

さて、今回の彫刻ネタは、右側下高覧です。

この彫刻は昭和26年、池田信之の手により作製されました。
この彫刻の題材なのですが、実は色々な説がありはっきりしませんでした。

後醍醐天皇は、正中元年(1324年)に鎌倉幕府を倒す計画を企てます。しかしこの計画は失敗に終わります、この事件を正中の変といいます。この計画の失敗により正中の変の首謀者とみなされた中納言 日野資朝は幕府に捕らえられ佐渡へ流されます。日野資朝などを捕らえたことで幕府側は後醍醐天皇には罪を問いませんでした。しかし、この七年後 元弘元年(1331年)に後醍醐天皇は再び倒幕の計画を企てます。
しかし、この計画も事前に幕府に知られてしまいます。計画を知られた後醍醐天皇は笠置山へ篭ります。天皇の呼びかけに応じて楠正成も赤坂城にて挙兵。しかし 九月には笠置山も幕府軍により陥落。楠正成のいる赤坂城へ後醍醐天皇は向かう途中幕府軍に捕らえられ隠岐之島へ流されてしまいます。これにより倒幕計画は失敗します。これを元弘の変と呼びます。
この計画が失敗したことにより、先の正中の変で捕らえられ佐渡へ流されていた日野資朝は処刑をされます。
この彫刻は、処刑をされる為に河原へ連れ出された日野資朝が自分の最後を知り、遠くの都を偲ぶ姿ではないかとの説がありました。
しかし、この彫刻の人物の着ている着物が、菊菱の文様が描かれている事から、日野資朝ではなく皇室関係ではないのか?との疑問があり、そこから「隠岐之島に流された後醍醐天皇が遠くの都を偲ぶ姿では?」との説もありました。

又 この彫刻に書かれている人物。着物の下に鎧をつけているのです。
後醍醐天皇にしても日野資朝にしても着物の下に鎧を着けているはおかしいです。

また、後醍醐天皇も日野資朝も都を偲んで・・・という場面は、有名なエピソードとして残っていません。もちろん 天皇や中納言が島流しにされれば都を偲んで空を見上げる事もあったでしょうけれど・・・。

ですので、この彫刻の題材がなんのか?疑問でした。

しかし先日、何気なく前賢故実という本をインターネットでみていると・・・・・・。






あれ? あなた どこかでお会いした事ありませんか?
あれ?この月 どこかで見た事ありますよ?

そうそう 下高覧のあなたじゃないですか?

あなたのお名前は? 何々? 藤原師賢(ふじわらのもろかた)さん。
又の名を 花山院師賢。

その藤原師賢が月を見て歌を詠んでる訳ですが その歌は

「思ふことなくてぞ見ましほのぼのと有明の月の志賀の浦波」

思い悩むことがなくて見たかった。有明の月が志賀の浦に寄せる波にほのぼのと映じている、この美しい景色を。と詠んでいるようです。

この藤原師賢さんは、鎌倉時代後期のお公家さんで後醍醐天皇につかえていました。
元弘の変で倒幕の謀が幕府方に漏れます。幕府は後醍醐天皇を捕らえようとしますが、後醍醐天皇は笠置へと逃れます。笠置へ逃れる際、幕府を欺く為に、この藤原師賢を天皇に変装させて比叡山へと篭らせます。幕府は比叡山に天皇が篭ったと思いそちらに軍勢を向けている隙に、後醍醐天皇は笠置山へと逃れました。

そしてその時 詠んだ歌が上記の歌であり、その姿を描いたのが前賢故実の絵であります。

下高覧の彫刻の人物が菊の菱の着物を着ている事や、着物の下に鎧を着ているのも納得できますね。
しかし絵の場面は、山上から琵琶湖を見てとあります。彫刻は、水辺から月を見上げています。
山上から琵琶湖を見てという説もありますが、「増鏡」という本では、この歌を詠んだ所は、山を下りて笠置に向かう途中、志賀の浦を過ぎる時に詠んだと書かれています。

実はこの下高覧の彫刻の構図は、町内有志の手により考案されています。
この題材を、増鏡から取りそれを絵にしたのではないかと思われます。

さて、その後藤原師賢は幕府に捕らえられてしまいます。
そして下総の国へと流され千葉氏によって幽閉され三ヵ月後になくなりますが、その後楠正成や新田義貞、足利尊氏らの活躍により鎌倉幕府が倒れ建武の新政がはじまります。その後の建武中興の際にはすでに亡くなってはいますが藤原師賢は太政大臣を追贈され、文貞公の諡号が与えられたそうです。

又、明治10年(1877年)、下総住民により師賢を祀る神社の創建運動が起こり明治12年に神社創建の許可が下りて新たな神社が創建されます。
その神社こそが、下総の小御門神社です。

小御門神社は、藤原師賢が後醍醐天皇の身代わりとなったことから「身代わりの神」として、交通安全・航空安全に御利益ありとして信仰されています。




 
■■■
新調する彫刻は来年の3月中には完成させます。

今後の進行は彫刻製作委員会が担当し近く発足します
山車管理委員会もこの委員会に参加し作業を進めて頂きます。

車輪の修正工事も今月13日(日)に搬送する予定です。

                記事 中郷
忍者ブログ[PR]
"関戸郷" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.