忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
関戸郷
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
東関戸区の若連に所属する某若週のBLOG. 
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


左側下高覧(前側)の彫刻です。作者は池田信之です。

この彫刻には南北朝時代の武将、菊池武光が描かれています。
菊池武光は、九州地方の南朝方の中心的な武将でした。
この場面は、筑後川の戦いの一場面です。
1359年、菊池武光が約4万人の南軍を率いて、相手方の少弐頼尚(しょうによりひさ)は、約6万人の北軍を率いて、筑後平野を舞台に戦いました。
一日でおよそ5450名もの死者を出した九州で最大級の戦いでした。そして、菊池武光は、この戦いに勝利しました。
勝利した菊池武光は、多くの敵方の武士を切ったため、太刀が血でよごれていました。そこで、武光は血がついた太刀を合戦場近くに流れていた小川で洗いました。
その太刀を洗っている姿が、彫刻に表されています。

武光が太刀を洗った場所が現在の福岡県大刀洗町であり、そのことから「太刀洗町」の町名がつきました。そして、刀を洗った川を「太刀洗川」と言うようになりました。今では町名は「太刀洗」ではなくて「大刀洗」になっています。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"関戸郷" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.